iphoneでグループ通話する方法

iphone端末には、3人で話をするグループ通話機能が付いています。
グループをする場合には、電話会社(auまたはソフトバンク)の「三者通話サービス」に加入するか、インターネット回線を利用したスカイプやLINEを利用する方法があります。
auの「三者通話サービス」またはソフトバンクの「グループ通話」であれば、2人で話をしている間に電話がかかってくると、グループ通話に切り替えます。これに対してスカイプやLINEの方は、通話を始める前にグループを設定してから接続を行います。

三者通話サービスを利用したグループ通話の操作手順は簡単です。

  • もしも誰かと話をしている時に着信があると、ディスプレイに着信メッセージが表示されます。
  • メニュー画面のグループ通話をタップするだけで、途中から電話を掛けた人も通話に加わることができます。

通話中に別の人に電話をかけて、グループに加える方法もあります。

  • 通話中に電話を掛ける操作手順は、「通話を追加」をタップして連絡先一覧または番号を入力して電話を掛けます。
  • 新しい相手と接続されると、それまで通話していた人は保留状態になります。
  • この状態でグループ通話をタップすれば、3人で会話ができます。

スカイプを利用してグループ通話をすることも可能です。

スカイプを利用すれば、電話会社のオプションサービスに登録する必要がありません。
スカイプを利用したグループ通話の操作手順は、最初に全員の端末にスカイプがインストールされていることを確認します。
次に、パソコンまたはアンドロイドのスマートフォンで「新規チャット」を選択して、連絡先を登録することで同時に通話をしたい人の「グループ」を作成します。グループを作成できたら、通話ボタンを押せば3人以上で通話ができるようになります。
スカイプを利用する際の注意点は、iphone端末ではホストになることができないことです。
パソコンを利用してホストにするか、アンドロイド端末を持っている人にホストになってもらう必要があります。
スマートフォンよりもパソコンをホストにした方が回線が安定します。
ただしスカイプをwifi環境で接続しないと通信量が膨大になるので要注意です。
オススメのwifiレンタルできるお店はこちらです。

LINEのトークルームに参加しているメンバー同士でグループ通話をすることもできます。

操作手順は、LINEのグループトークを開いて画面上部の「開始」ボタンをタップします。
トークルーム参加者全員に対して通話を開始したことが通知されるので、通知を受けたメンバーは「参加」をタップすれば通話に加わることができます。
ちなみにLINEのトークルームは、最大200人まで同時に通話ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です